せんかてんのうむさのつきさかのえのみささぎ
第二十八代宣化天皇身狹桃花鳥坂上陵
せんかてんのうこうごうたちばなのなかつひめのひめみこむさのつきさかのえのみささぎ
宣化天皇皇后橘仲姫皇女身狹桃花鳥坂上陵

宣化天皇陵

御陵所在地   奈良県橿原市鳥屋町 地図
御陵形式    前方後円
例祭日     三月十七日
御陵印拝受場所 宮内庁書陵部畝傍陵墓監区事務所 奈良県橿原市大久保町71-1
『参陵備忘録』該当ページ
宮内庁ウェブサイト該当ページ

第二十八代 宣化天皇(せんかてんのう)

国風諡号
武小廣國押楯尊(たけをひろくにをしたてのみこと)
御名・御幼名
檜隈高田(ひのくまのたかた)
御異称
檜前天皇
皇居
檜隈廬入野宮(ひのくまのいほりののみや)奈良県高市郡明日香村
御生誕
雄略天皇十一年(467)
即位
安閑天皇二年(535)十二月
崩御
宣化天皇四年(539)二月十日


交通機関
(情報は全て平成十七年八月現在)

近鉄南大阪線・橿原線・吉野線「橿原神宮前」〜奈良交通バス「橿原神宮前駅西口」→「鳥屋」南西徒歩約3分
近鉄南大阪線「橿原神宮西口」南徒歩約16分

(橿原神宮前駅まで)
近鉄南大阪線「あべの橋」〜「橿原神宮前」:運賃610円(特急料金はプラス500円)
近鉄京都線「京都」〜「大和西大寺」経由〜橿原線「橿原神宮前」:運賃860円(特急料金はプラス870円)

京都方面から来るなら「橿原神宮前」で降りるほうが便利か。

(橿原神宮前駅から)
奈良交通バス(30、31系統「近鉄御所駅」行き)「橿原神宮前駅西口」〜「鳥屋」:運賃170円
時刻表

近鉄「橿原神宮前」駅西口から出る、30、31系統「近鉄御所駅」行きに乗車する。昼間帯には一時間一本しかない。バスの時間が合わなければ、県道133号線をまっすぐ西に歩いて20分程度だろう。

(橿原神宮西口駅まで)
近鉄南大阪線「あべの橋」〜「橿原神宮西口」:運賃610円
近鉄京都線「京都」〜「大和西大寺」経由〜橿原線「橿原神宮前」乗換〜南大阪線「橿原神宮西口」:運賃860円

「橿原神宮西口」には急行は停まらないが、区間急行、準急などは停まるので、「あべの橋」方面から来るならこの駅も使える。


道順

近鉄南大阪線・橿原線・吉野線「橿原神宮前」から

近鉄「橿原神宮前」駅西口。
神武天皇陵や橿原神宮へは中央口、孝元天皇陵や飛鳥方面へは東口だが、宣化天皇陵へはこの西口へ降りる。
「橿原神宮前」駅西口から駅前ロータリーを見たところ。左手にバス乗り場が見える。30系統または31系統「近鉄御所駅」行きに乗車する。
歩く場合は、駅を出た正面から続く道(県道133号)をまっすぐ進む。
二つめの「鳥屋」バス停で下車。降りたバスの進行方向を向いて歩く。
まもなく左手側に、畑と住宅を越えて宣化天皇陵の杜が見えてくる。
ここで左折すると、そのまま御陵参道の正面につながる。
参道入口前で振り返ると畝傍山が見える。
宣化天皇陵の周濠東側に繋がっている鳥屋池堤上から望む御陵。
その堤上にある「皇紀二千六百年記念」碑。ほかに個人建立の忠魂碑もある。
水中に建つ石標。
宮内庁管理の周濠と、地元管理の鳥屋池の境界を示すものと思われる。

近鉄南大阪線「橿原神宮西口」から

近鉄「橿原神宮西口」駅南口。
懿徳天皇陵や安寧天皇陵へは北口だが、宣化天皇陵へはこの南口へ降りる。
駅を出て左手(東)に線路沿いを進むと、すぐに突き当たりに達するのでそこを右折。
そのまましばらく道なりに南下。
高取川沿いの道に突き当たるので、左折。
ほどなく右手に現れる橋を渡る。
橋を渡ってすぐ、道が二又に分かれるこの場所に出る。左に進路をとる。
県道133号線の鳥屋交差点に出る。
信号を渡ったところが上記「鳥屋」バス停なので、渡って右へ進む。あとは上記と同じ。
使用カメラ DiMAGE Z5
参考文献 宮内庁書陵部陵墓地形図集成

御陵参拝案内にもどる

山陵の遺宝 日本書紀全現代語訳 現代語古事記 関西鉄道考古学探見 奈良大和路をあるく

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO