はんぜいてんのうもずのみみはらのきたのみささぎ
第十八代反正天皇百舌鳥耳原北陵

反正天皇陵

御陵所在地   大阪府堺市北三国ヶ丘町二丁 地図
御陵形式    前方後円
例祭日     二月十三日
御陵印拝受場所 宮内庁書陵部古市陵墓監区事務所 大阪府羽曳野市誉田六丁目11-3
『参陵備忘録』該当ページ
宮内庁ウェブサイト該当ページ

第十八代 反正天皇(はんぜいてんのう)

国風諡号
多遅比瑞歯別尊(たぢひのみづはわけのみこと)
皇居
丹比柴籬宮(たじひのしばがきのみや)大阪府松原市上田町
即位
反正天皇元年(406)一月二日
崩御
反正天皇五年(410)一月二十三日


交通機関
(情報は全て平成十七年五月現在)

南海高野線「堺東」東徒歩約4分

南海高野線「難波」〜「堺東」:運賃250円
JR東海道本線「京都」〜「新大阪」(運賃540円)乗換・・大阪市営地下鉄御堂筋線「新大阪」〜「なんば」(運賃270円)乗換・・南海高野線「難波」〜「堺東」(運賃250円):運賃合計1060円

第十七代履中天皇百舌鳥耳原南陵から来る場合は、履中御陵最寄りのJR阪和線「上野芝」から「三国ヶ丘」まで行き、同駅で南海高野線に乗り換える。


道順

南海高野線「堺東」から

「堺東」駅東口。
同駅の西口側には堺市役所もあり、堺市内最大級の繁華街にもなっているが、東口は小ぢんまりとしたもので、駅前からすぐに静かな住宅街がはじまっている。
東口を出たところからまっすぐ伸びている若干登り勾配になった道を進む。
しばし進むとこの丁字路に突き当たるので、左折する。
まもなく前方右手に反正御陵兆域の杜が見えるので、その手前を右折。
兆域の南端に沿って進む。
ほどなく御陵拝所が見えてくる。
反正御陵の東側に沿って北側まで半周すると、方違神社がある。
同神社の境内奥からは、濠を挟んで御陵後円部を間近に拝することができる。
駅西口の歩道橋の下に建つ石標。落書きされている。
使用カメラ DiMAGE Z5
参考文献 宮内庁書陵部陵墓地形図集成

御陵参拝案内にもどる

山陵の遺宝 日本書紀全現代語訳 現代語古事記 関西鉄道考古学探見 奈良大和路をあるく

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO