かいかてんのうかすがのいざかわのさかのえのみささぎ
第九代開化天皇春日率川坂上陵

開化天皇陵

御陵所在地   奈良県奈良市油阪町 地図
御陵形式    前方後円
例祭日     五月二十一日
御陵印拝受場所 宮内庁書陵部畝傍陵墓監区事務所 奈良県橿原市大久保町71-1
『参陵備忘録』該当ページ
宮内庁ウェブサイト該当ページ

第九代 開化天皇(かいかてんのう)

国風諡号
稚日本根子彦大日日尊(わかやまとねこひこおほひびのみこと)
皇居
春日率川宮(かすがのいさかわのみや)奈良県奈良市奥子守町
御生誕
孝元天皇七年(B.C.208)
即位
孝元天皇五十七年(B.C.158)十一月十二日
崩御
開化天皇六十年(B.C.98)四月九日


交通機関
(情報は全て平成十七年四月現在)

JR大和路線(関西本線)・桜井線「奈良」東徒歩約5分
近鉄奈良線「近鉄奈良」西徒歩約10分

JR大和路線(関西本線)線「天王寺」〜「奈良」:運賃450円
JR大阪環状線「大阪」〜JR大和路線(関西本線)「天王寺」経由〜「奈良」:運賃780円
近鉄奈良線「近鉄難波」〜「近鉄奈良」:運賃540円(特急料金はプラス500円)
JR奈良線「京都」〜「奈良」:運賃690円
近鉄京都線「京都」〜「近鉄奈良」:運賃610円(特急料金はプラス500円)

開化天皇陵は観光都市・奈良の中心部にあり、JR、近鉄どちらの駅からも至便の地にある。


道順

JR大和路線(関西本線)・桜井線「奈良」から

JR「奈良」の現行仮駅舎(写真左)の東口から出て、左手(北側)に旧駅舎(写真右)が建つ。

旧駅舎前から「JR奈良駅前」交差点を東に越えた賑やかな通り(三条通)を進む。
この通りはそのまま春日大社表参道になり、その延長線上には春日大社本殿、春日山山頂が一直線に連なる。写真奥にも春日山が見える。
しばらく歩くと、「ホテルフジタ奈良」(写真の茶色い建物)が見えてくる。
このまま、まっすぐ歩けば「やすらぎの道」や東向商店街と交差し、猿沢池、興福寺五重塔下を経て、春日大社一の鳥居に至る。
「ホテルフジタ奈良」の手前が開化天皇陵の参道入口。
真向かいは奈良銀行本店。
歴代天皇陵の中で最も賑やかな通りに面した御陵であろう。

近鉄奈良線「近鉄奈良」から

「近鉄奈良」駅の東口。出口は他にもあるが、奈良公園方面に開いたこの出入口が「正面」といえるだろう。
駅前の広場を挟んで、東向商店街の入口。ここを南下(右折)する。
東向商店街の突当り、アーケードが途切れる南都銀行本店角を右折する。
南都銀行本店角を曲がったところ。ここから三条通を西進する。
途中「やすらぎの道」と称している県道44号線を渡る。信号はここだけ。
ほどなく、「ホテルフジタ奈良」前に着く。その向こう隣が開化天皇陵の参道入口。
使用カメラ DiMAGE Z5
参考文献 宮内庁書陵部陵墓地形図集成

御陵参拝案内にもどる

山陵の遺宝 日本書紀全現代語訳 現代語古事記 関西鉄道考古学探見 奈良大和路をあるく

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO