こうげんてんのうつるぎのいけのしまのえのみささぎ
第八代孝元天皇劔池嶋上陵

孝元天皇陵

御陵所在地   奈良県橿原市石川町 地図
御陵形式    前方後円
例祭日     十月十一日
御陵印拝受場所 宮内庁書陵部畝傍陵墓監区事務所 奈良県橿原市大久保町71-1
『参陵備忘録』該当ページ
宮内庁ウェブサイト該当ページ

第八代 孝元天皇(こうげんてんのう)

国風諡号
大日本根子彦國牽尊(おほやまとねこひこくにくるのみこと)
皇居
軽境原宮(かるのさかいはらのみや)奈良県橿原市大軽町
御生誕
孝靈天皇十八年(B.C.273)
即位
孝元天皇元年(B.C.214)一月十四日
崩御
孝元天皇五十七年(B.C.158)九月二日


交通機関
(情報は全て平成十七年四月現在)

近鉄南大阪線・橿原線・吉野線「橿原神宮前」東徒歩約15分

近鉄南大阪線「あべの橋」〜「橿原神宮前」:運賃610円(特急料金はプラス500円)
近鉄京都線「京都」〜「大和西大寺」経由〜橿原線「橿原神宮前」:運賃860円(特急料金はプラス870円)

「橿原神宮前」駅東口は(京都方面から来る)橿原線側にあるので、(あべの橋方面から来る)南大阪線で駅に着いた場合は、中央の通路や駅内の踏切りを通って東出口の方まで行く。


道順

近鉄南大阪線・橿原線・吉野線「橿原神宮前」から

「橿原神宮前」駅東口のロータリーの南端の道(写真ではパチンコ店の前を行く道)をまっすぐ東へ向かう。
「志学館予備校」前から最初の信号を越えたところにある道標。卑俗な現代的光景の中で居心地悪そうだ。
右手奥、駐車場の向こう側に石川池(剣池)の堤がかすかに見える。堤の手前まで行くと信号があるので右に曲がる。
ちなみに、そこで右折せずにまっすぐ飛鳥川に突き当たるまで進んだところで右折すれば、甘樫丘登り口、さらに進んで川を渡れば、伝飛鳥浄御原宮跡、飛鳥寺など飛鳥観光の中心部に至る。
堤手前の信号を右に曲がったあたり。堤の上から顔を出しているのは孝元天皇陵の木々。
道はここから御陵方向に、池の周囲を南側(写真右方向)へ回り込んで行くが、せっかくなので堤の上を歩くのも良い。
堤の上から望んだ孝元天皇陵。池の周囲を南側(写真右方向)へ回り込んで行くと参道正面に出る。
写真右端あたりが、このページ一番上の写真の場所。拝所までは、そこから「嶋」の中を少し登って行く。
使用カメラ DiMAGE Z5
参考文献 宮内庁書陵部陵墓地形図集成

御陵参拝案内にもどる

山陵の遺宝 日本書紀全現代語訳 現代語古事記 関西鉄道考古学探見 奈良大和路をあるく

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO